Facebookからの賠償金でFacebookを超えた

「人々は繋がったりだとかしたいだろうが、価値あるものに支払いができるようになるのは別次元の話だ。」 ~ウィンクルボス兄弟 前者はFacebook(フェイスブック)、後者は仮想通貨―― ウィンクルボス兄弟は、Facebookによるアイデア盗用で和解金6500万米ドル…

ブロックチェーンで運転手不足を解消――どうやって?

新型コロナによって「巣ごもり需要」が拡大していますが―― 物流量が急増したことで輸送トラックの運転手不足が大きな問題となっています。 物流大手が業務を委託する下請け運送会社には運転資金が不足気味なところも多く、対応力の強化が進まないからです。 …

仮想通貨、過去7年の歩みから成長途上と判断

連日、ビットコイン(BTC)がニュースを賑わせていますが、アルトコインの価格だって上がってます! アルトコイン(Alternative Coin/代替通貨)とは、ビットコイン以後に作られた仮想通貨の総称です。 その時その時で求められた機能・仕組みを備えた物が開…

火星移住者の経済的取引は仮想通貨「火星コイン」で

「火星コイン?」 「そのとおり」 ~フォロワーとイーロン・マスクのTwitterでのやり取り 宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスクCEOは、「2050年までに火星に都市を建設する」という目標を掲げています。 実現すれば、移住者の間で通貨システムが必要にな…

PayPalのビットコイン売買、開始2ヵ月で急成長中

決済プラットフォームPayPal(ペイパル)が仮想通貨の売買サービスを開始してから、今日でちょうど2ヵ月です。 昨年(2020年)11月13日にサービスが開始して以来、利用は増え続け、今月6日にはビットコインの1日での出来高(売買の総額)が120億円を記録しま…

Xboxゲームをコストダウンへ、開発費用はAIにお任せ

ゲームで遊んでいる時に、気にすることではありませんが―― でも、価格や品揃えに影響する話ですよ。 ゲームが作られる時、ソフトウェア開発者・著者・作曲家・プロダクション関係者など、たくさんの人への支払いが発生します。 この管理に必要な時間と人手を…

ビットコイン400万円到達、値上がり続ける通貨な理由

ビットコイン(BTC)の価格が400万円に到達しました。 300万円への到達が1月1日でしたから、1週間で100万円を駆け上がったことになります。 「おかしなものだが、今、価格が2万ドルに戻ったら、一生に1度の買いの機会のように感じるだろう。」 ~仮想通貨運…

日本もこうなる?デジタル人民元を使ってみたらどうだったか

今年のお年玉は、デジタル人民元だったよ! ――そんな子もいるかも知れません。 デジタル人民元(DCEP)の3回目となる実証実験が、今日(2021年1月7日)から開始です。 1回目の実験場所だった深センで再び行われます。 総額2,000万元(3億円)が中国のお年玉…

「愛の不時着」に続くか?仮想通貨が韓流ドラマに

「冬のソナタ」や「愛の不時着」のような韓流ブームを仮想通貨が起こすかも知れませんよ。 仮想通貨が韓流ドラマになります。 世界初となる仮想通貨ドラマ「Pumping Time」(仮題)の制作が発表されました。 企画と制作は韓国のコンテンツ制作会社K-Play Con…

ビットコイン、未踏の350万円到達でもバブルじゃない理由

年末年始を迎えてもビットコイン(BTC)の勢いはとどまらず、1月3日には価格が350万円を突破しました。 200万円に到達したのが昨年(2020年)12月半ばで、300万円に到達したのはその2週間後でした。 そこからわずか2日での350万円到達ですから、加速度がいや…

法定通貨と連動、日本版ステーブルコインGMOから

ステーブルコインはドル連動型ばかり……、そう思ってきましたが、ついに日本円に連動するステーブルコイン「GYEN(ジーエン)」が発行されます。 発行するGMOインターネットは、まずは海外居住者の利用を想定しています。 アメリカをはじめ世界6ヵ所に上場し…

リップル訴訟、SECとリップルの言い分をまとめてみた

アメリカ証券取引委員会(SEC)がリップル社を証券法違反として提訴していることを受けて、取引所も次々と仮想通貨リップル(XRP)の取引を一時停止しています。 SECとリップル両者の言い分を簡単にすると、こんな感じです―― SEC「リップル社は、無許可の有…

6万人超え!ビットコイン億り人が1週間で急増

たった1週間で億万長者が4万人も増えました! ビットコイン(BTC)価格の急騰が原因です。 誕生して間もない2009年から2012年の間、ビットコインの採掘報酬は50BTCでした。 ということは、ビットコインの価格が200万円を超えた今、1ブロックの成功報酬を保有…

ビットコイン、わずか24時間で15%上昇しての最高値到達

ビットコイン(BTC)価格が急騰しています。 瞬く間に260万円、270万円、280万円を突破し、最高で293万円まで上昇しました。 わずか24時間で15%上昇しての最高値到達です! 注目だった時価総額50兆円の節目も、上昇の途中で易々と突破してしまいました。 ビ…

音楽+ブロックチェーンで新たな利益が生まれる

「音楽」と「ブロックチェーン」――あまり関係なさそうだと思いますか? 今、音楽界におけるブロックチェーン基盤の競争が激化しています。 音楽に特化したブロックチェーンプロトコルUtopia genesis(ユートピアジェネシス財団)が、デジタル証券発行プラッ…

アメリカ司法省がFBIに仮想通貨戦略の再構築を勧告

要するに、「FBIは、仮想通貨犯罪への対策をちゃんとして!」ということです。 アメリカ司法省は、連邦捜査局(FBI)のダークネット犯罪への対策が、バラバラに行われる政策・トレーニングプログラム・諜報活動などによって阻害されているという監査結果を公…

住友商事が仮想通貨リップルで債権債務決済を実施

今後、仮想通貨が日本企業の決済手段となる、なんてことはないと多くの方は思ってますよね。 しかし既に、日本初の仮想通貨を使った大手事業会社による先日付取引の実証実験が行われました。 実験が行われたのは住友商事で、グループ会社間債権債務決済に仮…

総額3億円!蘇州でデジタル人民元2回目の大規模実験

中国では、デジタル人民元(DCEP)の2回目の大規模な実証実験が行われています。 深センでの実験に続く今回は、上海に隣接する蘇州市が舞台です。 今回は、計2,000万元(3億円)分のデジタル人民元が、抽選で市民10万人に200元(3,000円)ずつ配布されました…

ドル覇権が揺らいでも、ドルに依存する仮想通貨

1年前、世界経済フォーラム(WEF)が、「ステーブルコインによって世界の米ドル依存が和らぐ」との見解を示しました。 しかし、1日の取引高が500万ドル(5億3000万円)を超えるドル連動型ステーブルコインは6種類以上存在するのに、ドル連動型以外のステーブ…

臨床試験のデータ改ざん防止をブロックチェーンが代替

日本で、データ改ざん防止業務をブロックチェーンが代替することを国が認めました。 医療スタートアップ企業SUSMED(サスメド)は2021年、ブロックチェーン技術で臨床試験(治験)を効率化するシステムを実用化します。 医療機関や製薬会社、認証機関をブロ…

押収した仮想通貨をどうする?リトアニアの場合

犯罪捜査で押収した仮想通貨は、どのように売却するのでしょうか? 今年(2020年)2月にリトアニア国家税務監察局(STI)が押収した仮想通貨は、340ビットコイン(BTC)と360イーサ(ETH)と12,000モネロ(XMR)でした。 アメリカ連邦保安官局などは、競売(…

ウクライナ政府がYouTube動画で仮想通貨教育

ウクライナ政府が、仮想通貨について国民を教育するためのレクチャー動画を作成しました。 デジタル改革省が行う教育プログラムの一環です。 YouTube上で閲覧可能な6~12分の8つのエピソードで構成されていて、全ての動画を見た視聴者は修了証明書を受け取る…

ゼロ金利政策がステーブルコインを淘汰する

アメリカの中央銀行にあたる連邦準備制度理事会(FRB)は、ゼロ金利政策を当面、維持するとしています。 これによって、ステーブルコインの淘汰が進むかも知れません。 ステーブルコイン自体の利回りは0%です。 しかし、コインを持つということは資産が発行…

オーストラリアとシンガポールがブロックチェーンで貿易

オーストラリアとシンガポールがブロックチェーンを使ってペーパーレスで貿易を行う取り組みを進めています。 貿易のシングルウィンドウ化(一元化)構想の一環です。 計画では、オーストラリア国境警備局(ABF)の政府間台帳と、シンガポール情報通信メディ…

仮想通貨を処分するサービスが登場、何のために?

今年、利益が出るけど仮想通貨の含み損も抱えている方、やるなら年末までですよ! どういう話かといえば―― マイナーな仮想通貨に投資をしたけどさっぱり売れず上場も廃止になってしまう、なんてこともありますよね? 値段の付かない仮想通貨(トークン)は売…

活況!1日で30件の仮想通貨エアドロップの新着あり

エアドロップ――仮想通貨の無料配布が活気付いてます! 当研究室が運営するエアドロップ情報サイト「エアドロマニア」にも、1日で30件もの新着情報が入ってきました。 1度にこれだけの件数は、初めて見ましたよ。 理由は、やはりビットコイン(BTC)をはじめ…

支払いはビットコインで!世界を旅する家族

現金やクレジットカードがなくても世界旅行ができる時代になりました。 2017年から4年もの間、現金、クレジットカードを持たずにビットコインのみで世界中を旅行している家族がいます。 そんな旅行好きにとって夢のような生活をしているのは、オランダ出身の…

ビットコイン高騰はGAFAの再来か?

GAFA――、言わずと知れたアメリカの主要IT企業であるGoogle(グーグル)、Amazon(アマゾン)、Facebook(フェイスブック)、Apple(アップル)の総称です。 ビットコイン(BTC)を代表とする仮想通貨が、投資対象として次のGAFAになるという人もいます。 ………

ICOに参加した個人投資家の3分の1が騙された?

――騙された? 調査企業Xangleによると、2017年から2020年10月までにICO(イニシャルコインオファリング)に参加した個人投資家の3分の1が騙された、もしくは情報を隠蔽されたと感じています。 投資を決定した情報源は、家族・同僚・友人が46%、フォーラムが…

IBMが持続可能なファッションをブロックチェーンで

次のターゲットは、ファッションです! サプライチェーンロジスティックスは、ブロックチェーン技術の最良のユースケースの1つとされてきました。 特に食品や医薬品のトレーサビリティ向上に大きく貢献しており、今後も普及は進みそうです。 全世界の20%の…