仮想通貨推進のために米国会議員全員にエアドロップ

「仮想通貨の推進における最も大きな課題は、そもそも何の事なのか分かってもらえないことだ。」
~デジタル商工会議所創設者 ボーリング

アメリカ国会議員の仮想通貨に対する関心を高めるため、立候補者全員にビットコイン(BTC)がエアドロップ(無料配布)されます。

仮想通貨推進団体・デジタル商工会議所(Chamber of Digital Commerce)は、今年の選挙(2020 reelection)に立候補する全ての議員に50ドル分のビットコインを配布します。
仮想通貨に触れたことのない議員にきっかけを創出しておけば、将来的な業界の前進に繋がるかも知れません。
ビットコインの配布以外にもオンライントレーニングやツールキットも提供されます。

今回行われる配布は、選挙陣営側に受け入れるか拒否するかの選択肢があるほか、そのビットコインをチャリティに寄付することも選べます。
第3の選択肢を選んでも、その価値を認識する機会にはなりますね。
「国会議員が、このような金融と技術の世界的転換期に参加する機会をもたらしてくれている。」
~仮想通貨推進派 エマー下院議員

5GやAIなどの他の新興テクノロジーに比べてアメリカ議員の理解が進んでいないといわれるブロックチェーン技術や仮想通貨ですが、ビットコインのエアドロップは奇貨となるのでしょうか。

議員へビットコイン配布で「関心」狙う 米国で新たな動き

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。https://bclj.info/