第二のビットコイン!?NFTを紐解く

NFT(Non-fungible token)とは、デジタル絵画やプロスポーツ選手のトレーディングカードなど、多種多様でユニークな有形・無形のアイテムを表すデジタル資産のことです。

デジタルアート作家ビープル(マイク・ウィンケルマン氏)の作品が、約6,930万ドル(約75億3,000万円)で落札されたという発表がありました。
これまで無限に複製可能だったデジタル作品等が、ブロックチェーン技術によって、唯一無二のものになり、こうしたデジタル資産に多額の資金を投じる取引が活発になってきました。

とはいえ、ネット上にしか存在しないデジタル資産に、それほどの価値があるのでしょうか?
レアカードや珍しい硬貨のような物理的コレクションと比べて、デジタルコレクションを所有する大きなメリットは、それぞれのNFTが、他のNFTから明確に区別でき、かつ簡単に検証できる特徴的な情報を持っていることです。
この特性により、各アイテムの最初の発行者や作り手まで遡ることができるようになるため、偽物を作って流通させることの意味がなくなり、贋作をつかまされる心配はなくなります。

ゲームでのアイテム取引や写真の撮影販売など、今後様々な分野でNFT、デジタル資産が活躍する機会が増えてくるのではないかと思います。

解説:第2のビットコインか、デジタル絵画75億円落札の背後にあるNFTとは(ロイター) - Yahoo!ニュース

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。https://bclj.info/