仮想通貨で電子マネーをチャージ auウォレットや楽天Edyなど

仮想通貨交換業者ディーカレットが、仮想通貨を使って電子マネーをチャージできるサービスを始めました。
同社のスマホアプリDeCurret上で、「auWALLET」「楽天Edy」「nanaco」に交換することができるようです。

交換可能な仮想通貨はビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュライトコインで、複数の仮想通貨を組み合わせたチャージも可能とのこと。

これまで、仮想通貨は法定通貨に交換後銀行口座に送金して使う必要がありました。
スマホ上で簡単に電子マネーに交換できる仕組みは非常に便利で身近だなあと思います。
これを機に仮想通貨業界に興味を持つ人もいるかもしれませんね。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/21/news078.html

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

テックビューロ、仮想通貨交換業の登録業者では初の廃業へ

テックビューロ(株)は8月22日、仮想通貨交換業の廃業を発表しました。
金融庁によると、仮想通貨交換業の登録業者が登録を返上・廃業するのは初めてのケースとのことです。

テックビューロは取引所「Zaif」を運営していましたが、昨年9月14日のハッキング被害によりフィスコに事業を譲渡していました。
テックビューロに残った顧客資産については、返金申し込みの手続きが完了したものから返金されるようです。

受付期間は9月2日から11月30日までですが、期日までに連絡が取れなかった場合は残金を大阪法務局に供託するとのこと。
必要な手続きを完了したのち、資金決済法上の「仮想通貨交換業」の登録を返上し、完全に廃業となるようです。

http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20190822_01.html

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

イーサリアムのネットワークはほぼ満杯 スケーラビリティの問題とは

イーサリアム考案者のヴィタリック・ブテリン氏は、「仮想通貨の普及への妨げ」としてイーサリアムのスケーラビリティ問題を第一に挙げました。
ブテリン氏は現状のイーサリアムのネットワークについて「ほぼ満杯」と語っています。

イーサリアムについては、将来的にPoW(プルーフオブワーク)方式からPoS(プルーフオブステーク)方式へと移行、さらにシャーディング技術によってトランザクションの負荷を分割軽減する予定です。
多少セキュリティを犠牲にする面もありそうですが、トランザクションごとのコストを削減できるとのこと。

ヴィタリック氏はイーサリアムについて、スケーラビリティ、使いやすさ、加えてセキュリティやプライバシーの課題についても改善していく必要があると語っています。

https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1202287.html

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

イーサリアムのネットワークはほぼ満杯 スケーラビリティの問題とは

イーサリアム考案者のヴィタリック・ブテリン氏は、「仮想通貨の普及への妨げ」としてイーサリアムのスケーラビリティ問題を第一に挙げました。
ブテリン氏は現状のイーサリアムのネットワークについて「ほぼ満杯」と語っています。

イーサリアムについては、将来的にPoW(プルーフオブワーク)方式からPoS(プルーフオブステーク)方式へと移行、さらにシャーディング技術によってトランザクションの負荷を分割軽減する予定です。
多少セキュリティを犠牲にする面もありそうですが、トランザクションごとのコストを削減できるとのこと。

ヴィタリック氏はイーサリアムについて、スケーラビリティ、使いやすさ、加えてセキュリティやプライバシーの課題についても改善していく必要があると語っています。

https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1202287.html

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

「仮想通貨」から「暗号資産」へ 改正資金決済法で何が変わるのか

暗号資産への名称変更・規制強化策などを盛り込んだ資金決済法と金融商品取引法の改正法が国会で成立しました。

改正法で変わる内容は、大きく分けて「仮想通貨を暗号資産に名称変更」「暗号資産の交換や管理に関する業務」「暗号資産を用いた新たな取引への対応」になります。
名称の変更に関しては、『資産』と表現することによって法定『通貨』との誤認を防ぐ狙いがあります。

次に「暗号資産の交換や管理に関する業務」ですが、2018年のコインチェックによる不正流出など管理体制問題を受けての対応です。
交換事業者に対し顧客の暗号資産をコールドウォレットなど信頼性の高い方法で管理する・また、それ以外の方法で管理する場合はネット上で保管する暗号資産に相当する弁済原資の確保を義務化しています。

「暗号資産を用いた新たな取引への対応」は、暗号資産の証拠金取引をFX同様の規制対象とするということです。
また、収益分配を受ける権利が付与されたICOトークンに関して、暗号資産を対価として発行する行為に金融商品取引法を適用されることを明確化。株式などと同様に投資家への情報開示制度や販売・勧誘などの規制を整備するとのことです。

暗号資産への期待が高まる一方、利用者の保護や技術革新の両面を実現していくにはまだまだ課題が多そうです。

https://j-prime.jp/archives/788

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

過去最大の仮想通貨詐欺になるか プラストークンの資金の行方は?

仮想通貨アンチマネロンソフトウェアの『サイファートレース』が、BTC急落の要因になったとされる『プラストークン』についてレポートを出しました。
プラストークンには240万〜300万ほどの利用者がおり、仕組みとしては新規利用者を勧誘することでお金を受け取ることができるといった内容です。

6月、サウス・チャイナ・モーニング・ポストは中国人6名がネット詐欺の疑いで逮捕されたと報道していました。
そしてそのネット詐欺はプラストークンのことであると、ニュースメディアの36Kは報じているようです。
これについてプラストークンは反論していますが、6月末からの資金の引き出しが困難な状況については「サーバが不安定」とし、しばらく待つように利用者に伝えているとのことです。

プラストークン関連のアドレスのうち、本質的な量のBTCを入れ動かした形跡があるアドレスは2・3しかないということで、相場への影響を否定的に見ている調査機関もあります。

https://jp.cointelegraph.com/news/how-plustoken-scam-happened

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

疑わしい仮想通貨投資商品の「一掃作戦」、米メリーランド州が参加

メリーランド州は、疑わしいICOなどのプロジェクトを調査する「オペレーション・クリプトスイープ」に参加します。

オペレーション・クリプトスイープとは、米国とカナダの州レベルの証券規制当局や北米証券監督宮協会による共同プロジェクトです。詐欺の疑いがあるものなど違法のICOおよび仮想通貨投資商品の調査を行っています。

メリーランドの証券規制部門は、「低リスクで素早く利益が得られる」投資には注意するよう呼び掛けています。

https://jp.cointelegraph.com/news/maryland-state-government-participating-in-operation-cryptosweep

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/