イーサリアムのブテリン氏が仮想通貨バブル嘆く トロンも嘲笑

イーサリアムは数多くのICOで使われていますが、イーサリアム創始者のヴィタリック氏はICOに対しては否定的です。
中国初のブロックチェーンプロジェクト『トロン』の、ICO価格評価についてもいきすぎだとしています。

『トロン』もヴィタリック氏にすれば、プロジェクトに魂がない。値段を吊り上げてランボルギーニを買いたいだけと思っているのでしょうね。

 

https://jp.cointelegraph.com/news/ethereums-buterin-altcoin-valuations-far-ahead-of-accomplishments

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

仮想通貨マイニングで火災のおそれ ロシア非常事態省

ロシア非常事態省によると、仮想通貨のマイニングによって配電網の負荷が高まり、火災件数が増える恐れがあると発表したようです。
また、アイスランドの電力会社「HS Orka」は、マイニングにより同国の電力が不足懸念されているようです。
普通に考えると電力価格を上げることになるのでしょうが、ライフラインでもある電力価格をそんなに簡単にはあげれないもの実情のようです。

日本ではなかなかわりませんが、ロシアやアイスランドや北欧では、電力不足になるくらいマイニングが盛んに行われいるようですね。

 

https://jp.sputniknews.com/science/201804204804620/

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

仮想通貨でお金の稼ぎ方、使い方が学べるスマートウォレット『Pigzbe』

日本では子供にお金の教育は遅い方だと思いますが、これからの世の中を考えると子供の頃から金銭感覚を養うことは重要になってくるように思います。

デジタル版財布「Pigzbe(ピグズビー)」は家族がお小遣いをあげたり、子どもがお小遣いを貯めることをゲームとして体験できるアプリで、小さいうちからお金の良い習慣を身につけることができるようです。

子供の頃から仮想通貨でお金の稼ぎ方や使い方を学んだ子供が、大人になってどんなお金の使い方が出来る世界になっているか楽しみですね。


https://dime.jp/genre/538476/

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

リップル(XRP)は上昇傾向?価格の下げ止まりポイント&上昇の目安はここ!

海外では1リップル107円を超えてきているのに、金融関係の企業との協業や携帯番号がわかれば送金できる「Money Tap」などの好材料が反映されてないためか、日本は92円くらいで落ち着いています。

この90円付近という価格は12月の上昇相場でもみ合った価格帯だし、2月には90円を割って再下落したのを考えると、リップルでは90円付近が一つの節目価格といえるそうです。

確かに今年の夏にリリースされる「Money Tap」が普及すれば、マイクロペイメントのマインドシェアとなり、日々使うマイクロペイメントのため、社会的インパクトはかなりなものになるように思います。

 

https://coinchoice.net/xrp-market-up-down-point/

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

ビットコインのマイニング、8600ドルが損益分岐点?

ビットコインのマイニングの損益分岐点が約93万円だそうです。
ビットコインの価格が95万円を超えて来ましたが、マイナーが増加すると利益は大幅に減るとのことですが、ASICボードでのマイニングは他の仮想通貨もあるので、マイナーの分散化され利益は維持できるかも知れまぜんね。

また、「KAMIKAZE」のようなASICSボードが出てくると消費電力は50%下がり、処理能力は4倍になりますので、損益分岐点はもっと下がるように思います。

 

仮想通貨ごとにマイニングの損益分岐点がわかるデータって需要があったりするのですかね。
ICO研究室でできないか検討してみようかな・・

 

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1804/20/news094.html

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

銀行は年内に"仮想通貨取引"を実用化する 実用化されれば普及スピードは速い

スウェーデンでは現金決済がすでに2%でほとんどがキャッシュレスでの決済で、キャッシュレスは世界的な流れのようです。
日本はまだまだ現金決済が多いのが現状ですが、MUFGコインやJコインの銀行発行の仮想通貨などが実用化されると、窃盗や強盗も起きにくく、電子マネーと違い個人への送金も出来る仮想通貨の普及は一気に進むことが予測されます。

そうなると銀行発行の仮想通貨の取り扱いを主とした取引所業務が銀行業務に追加されるかもしれませんね。

 

http://president.jp/articles/-/24563

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/

エンジェル投資家・谷家衛氏ニュースメディアを始める ?? 仮想通貨、ブロックチェーンに照準

CAMPFIREなどの創業に携わってきた谷家氏がブロックチェーンをテーマにしたニュースメディアを開設するそうです。
ブロックチェーンや仮想通貨は範囲が広く専門性が高いため、間違った解釈の記事も多々あります。
専門知識を有した質の高い情報の需要はたくさんあるように思いますので、こういったメディアはありがたいですね。

また、ブロックチェーン技術の需要は多岐に渡るため、ここ数年は技術者不足が懸念されるのが予測されますので、ブロックチェーン技術やスマートコントラクトを利用したハッカソンは技術者の底上げをする意味でもとてもいいことだと思います。

 

https://www.businessinsider.jp/post-165890

『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。
https://www.ico-japan.com/