報道データをオラクル活用しブロックチェーン発信、使い道は

大手通信社のAP通信は、分散型オラクルのChainlink(チェーンリンク/LINK)と提携して15,000以上の報道機関への選挙、経済、スポーツなどに関する発表をブロックチェーン上で自動化して提供しています。 報道は、正確な情報を伝えることが第一です。 改ざん…

ニューヨーク市長の初任給はビットコインとイーサリアム

ニューヨークのアダムス新市長が、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)で給与を受け取りました。 厳密には、アメリカでは仮想通貨で給与支払いを行うことはできないため、仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)の給与受け取りサービスを利用していま…

リップルの送金台帳と連動するメタバースが開発中

Ledger City(台帳の都市)が建設中です。 ――どこに? リップル社の分散型台帳XRP Ledger(XRPL)の中にです。 XRPLは、従来の国際送金より効率的に送金できる仕組みとしてリップル社により開発されました。 Ledger Cityは、XRPLに展開される仮想空間です。 …

管理人不要でも旗振り役は必要?イーサリアムに新たな報奨

非中央集権のイーサリアムには、管理人は存在しません。 その開発を主導するイーサリアム財団が、新たなインセンティブプログラムを発表しました。 ――管理人はいないのに、開発を主導する組織は存在する? ブロックチェーンのような分散型プロジェクトには、…

NFTマーケットOpenSea、過去最高額も強敵出現

NFT(非代替性トークン)市場は、もはや仮想通貨市場の一部というより別の新たな存在と考えることにしました―― 世界最大のNFTマーケットプレイスOpenSea(オープンシー)が、過去最高の月次取引高になりそうです。 今月(2022年1月)の取引高は連日170億円を…

海底火山噴火のトンガへの寄付を人工衛星とビットコインで

人工衛星とビットコイン(BTC)で寄付金を送る―― 海底火山の噴火で危機的状況が続く南太平洋の島国トンガ王国に、ビットコインを利用して現地に寄付を送る動きがあります。 トンガは収入の多くを外国からの送金に頼ってきましたが、水中ケーブルの断線などに…

サムスン200万本植樹、持続可能性の裏方にも持続可能性

韓国の総合電機企業サムスン電子が、今月から3ヵ月間でマダガスカルにマングローブ200万本を植樹します。 でも、注目するのはサムスンではなく、サムスンから植樹を請け負う側です。 イメージの向上のために、多くの企業がサステナビリティ(持続可能性)へ…

メタバースで電子マグロの初競りオークションが開催

電子マグロの初競りオークションが開催されています! 競られているのはNFT(非代替性トークン)化した3Dモデルのマグロで、金色トラ縞の寅年モデルです。 めでたいけどまずそう……いや、食べられませんけどね。 開催しているのは渋谷の寿司店「鮨 渡利」で、…

ゲームもブロックチェーンで分散化、スクエニ事業本格化へ

ゲームも中央集権から分散へ―― 国内ゲーム会社スクウェア・エニックス(スクエニ)の戦略的テーマとして、ブロックチェーンゲームなど分散型ゲームを取り込んでいくことが掲げられました。 かねてから、スクエニはブロックチェーンに関心を示したりNFT(非代…

韓国サムスン電子のテレビはNFTが買える、LGも続く

テレビ画面からNFT(非代替性トークン)を買える―― 韓国の総合電機企業サムスン電子の2022年モデルのテレビは、NFT(非代替性トークン)を購入・取引できます。 発売される3つのモデルで、複数のNFTマーケットプレイスを統合したプラットフォームが使えるよ…

ロシア仮想通貨禁止か規制か、大統領からの批判もあったけど

否定的な意見もあるものの、ロシアも仮想通貨禁止より規制に進みそうです。 「私たちは、その高いリスクについて語る人たちに耳を傾ける必要がある。」 昨年(2020年)にモスクワで開催された投資フォーラムで、プーチン大統領は仮想通貨に対して批判的な見…

NFTマーケットOpenSea、急成長で仮想通貨の中心へ

時価総額が100億米ドル(1兆2,000万円)を超えたスタートアップを「デカコーン」といいます。 世界最大のNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスOpenSea(オープンシー)が、350億円(3億ドル)の資金を調達して企業評価額を1兆5,000万円に到達させまし…

仮想通貨のターゲットは米最大のスポーツ祭典スーパーボウル

毎年2月に開催されるアメリカンフットボールNFLの優勝決定戦であるスーパーボウルは、アメリカ最大のスポーツイベントです。 CM料金が高額なことでも知られており(30秒で6億円!)、どのような会社がCMを出すかでアメリカ経済のリアルな姿が反映されます。 …

DApp?デジタル決済?新たな年の新たな仮想通貨は

2017年を仮想通貨元年とすると、仮想通貨5年を迎えました。 昨年(2021年)は、中国政府による仮想通貨禁止令に伴うマイナー勢力図激変、NFT(非代替性トークン)市場の台頭、ビットコイン先物ETFがアメリカ証券取引委員会(SEC)に承認されるなど、数多くの…

2022年のブロックチェーン・仮想通貨の動向を予測

2021年は、これまで以上に人々がブロックチェーン技術の成長を目の当たりにした年だったと思います。 来年はどうなるのか――業界の専門家たちが、さまざまな未来を予想しています。 イーサリアム(ETH)の価格が、PoS(プルーフオブステーク)への移行により…

横浜ベイスターズがLINEブロックチェーンでNFT参入

プロ野球チーム・横浜DeNAベイスターズがデジタル動画の販売を開始しました。 埼玉西武ライオンズに続く、国内の主要プロ野球チームで2チーム目となるNFT事業への本格参入です。 NFT(非代替性トークン)を活用したデジタルムービーコレクション「PLAYBACK 9…

仮想通貨でお金の革命が起こるだろう、英中央銀行の見解

「仮想通貨の世界でプログラム可能なお金が使われ始めている。 この技術によってお金の機能に同じような革命が起こるだろう。」 〜イングランド銀行 カンリフ副総裁 イングランド銀行は、イギリスの中央銀行です。 イギリスは2019年のリブラ構想をきっかけと…

LINEが日本円で決済可能なNFTマーケットプレイスを

LINEが、NFT(非代替性トークン)の販売と取引を行えるマーケットプレイス「LINE NFT」の運営を始めます。 ――NFTの取引人口が一気に増えそうです! あなたが新しいサービスを始める時に心理的ハードルとなるのは、何でしょうか? 馴染みのない会社のサイトに…

米CIA長官が仮想通貨関連プロジェクトの存在を明かす

アメリカ中央情報局(CIA)のバーンズ長官が、前任者のもとで仮想通貨の情報収集に関するプロジェクトを開始していたことを明かしました。 詳細については語りませんでしたが、ランサムウェアを使用する犯罪グループの金融ネットワークに到達することを目指…

アメリカ下院議会のジョークから新たな仮想通貨が誕生

ハエを飲み込んだおばあさんが捕まえようとクモを飲み、そのクモを捕まえようと鳥を飲み、その鳥を捕まえようと猫を飲み…… アメリカの古い童歌が、アメリカ議会下院金融サービス委員会で持ち出されました。 仮想通貨の世界では、新しいコインが次々に生まれ…

仮想通貨取引所に上場する銘柄は、どう選ばれているのか

新たな仮想通貨が取引所に上場――というのを目にしますが、選ばれる基準は何なのでしょうか? 世界最大の取引所バイナンス(Binance)のジャオCEOが、基準についての情報を公開しました。 それによると―― ブロックチェーン上のアクティブなアドレス数、ソーシ…

春の革命、仮想通貨テザーをミャンマーの通貨に指定

ステーブルコインのテザー(USDT)をミャンマーの通貨に――! ミャンマーの亡命政府NUG(国家統一政府)の発表です。 NUGは、今年(2021年)2月の国軍によるクーデターで追放された市民政府の指導者と民主化運動グループの連合体です。 テザーを公式通貨とす…

ビットコインは総枚数の9割が発行済みに

あと10%―― ビットコイン(BTC)の供給量が、発行上限2,100万枚の90%に達しました。 ビットコインが最初にマイニングされてから12年での到達です。 残るは10%だけですが、マイニング状況や新規に発行される量から計算すると発行し終えるのは、かなり先の21…

Adobeとマーケットプレイス提携でNFTの権利を保護

作品の本当の作者は私です―― 画像加工ツール「Photoshop」で制作する作品に、ユーザーのSNSプロフィールや仮想通貨ウォレットのアドレスを紐づけることが可能になりました。 ソフトウェア会社Adobe(アドビ)は、Twitter(ツイッター)やThe New York Times…

国内最大のスーパーマーケットで使えたら仮想通貨は広まる?

東欧のクロアチア最大のスーパーマーケットチェーンKonzum(コンズム)が、ビットコイン(BTC)など仮想通貨9銘柄による支払いに対応します。 仮想通貨が「通貨」として普及させるのであれば、たくさんの人に日常的に使われる必要があると思います。 Konzum…

半分になっていたビットコインのハッシュレートが元どおり

ビットコイン(BTC)のハッシュレートが、ついに今年(2021年)5月の水準まで回復しました。 ハッシュレートとは、ネットワークの演算能力を示す指標です。 5月まで中国が世界最大のマイニング拠点で、世界のハシュレートの71%を占めていました。 しかし、…

イーサリアムキラーはイーサリアムキラーではない!?

分散型金融(DeFi)、NFT(非代替性トークン)、スマートコントラクト市場――これらの隆盛によって、イーサリアム(ETH)は存在感を高めてきました。 しかし、イーサリアムもまた、対抗馬から追いかけられる存在です。 その対抗馬とは、今年(2021年)次々と…

メタバース先進国を目指して、メタバースの業界団体設立

今週中にも業界団体「日本メタバース協会」が発足します。 世界の動向を研究するほか、官公庁とのコミュニケーションを深めて日本企業がメタバース市場で活動しやすくなるよう地盤を固めていくための組織です。 つまり、情報集めが主な目的ということになり…

1万円以上のふるさと納税でNFTアートがもらえる

ふるさと納税の返礼がNFT(非代替性トークン)――? ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」の新型コロナで被害を受けた事業者や生産者を支援する新プロジェクトでは、寄付者にNFTアートが配布されます。 デザインはプロジェクトのオリジナルキャラクタ…

30ヵ国共同でランサムウェアのビジネスモデルを撲滅!

「データを盗んで暗号化した。復元して欲しければ連絡しろ。金を払わなければデータを公開する。」 先月(2021年10月)末、徳島県にある町立病院がランサムウェアによるサイバー攻撃を受け、8万5,000人分の電子カルテが閲覧できなくなりました。 支払い要求…