新発売、NFC技術で真正証明を自己完結できるNFT切手

――NFTNFC技術を導入する話です。

オーストリアポストは、2019年に世界初のNFT(ノンファンジブルトークン)切手を発売した郵便会社です。
この切手で、NFTアワード2020の「Adoption Potential Award」や「People's Choice Award 」など、数々の賞を受賞しています。

新たに発表されたNFT切手コレクションシリーズの第3弾「Crypto Stamp3.0」は、NFC(近距離無線通信)チップが埋め込まれます。
これまでブロックチェーン上に保存されているデータを照会して所有権や真正性を確認するためには別途スキャンアプリが必要でしたが、NFCチップを使用することでこれが自己完結できるようになったわけですね。

額面は9.90ユーロ(1,300円)で、総発行枚数は10万枚です。
もちろん、手紙や小包に貼って切手として使えますよ!

……もし日本でも同じような物が発売されたら使ってみようかな。

オーストリアの郵便局、NFT切手にNFCチップ埋め込む新機能追加
オーストリア郵便事業会社オーストリア・ポストは、これまでに販売しているNFT(ノンファンジブル・トークン)切手にさらにデジタル技術プロトコルを導入する。 オーストリア・ポストはこのほど、限定版のNFT切手コレクションシリーズの第3弾として「Crypto Stamp3.0」を 発表。...



『当コンテンツはICO研究室のサイトから情報の提供を受けています。更新情報がある場合がありますので、興味がある情報はICO研究室のサイトをご確認ください。https://bclj.info/