豪州では仮想通貨で自販機からコカ・コーラが買える

オーストラリアとニュージーランドでは、コカ・コーラの自動販売機で仮想通貨を利用できるようになりました。 コカ・コーラの自動販売機は、両国に合わせて2千台あります。 専用のウォレットアプリ「Sylo Smart Wallet」をスマホにインストールし、自動販売…

米国版2ちゃんねるRedditの信用度はトークンで

アメリカ版「2ちゃんねる」といえるソーシャルメディアプラットフォームReddit(レディット)が、コミュニティポイントとして2種類のイーサリアム基盤のトークンのテスト運用を始めました。 仮想通貨の掲示板「/r/Cryptocurrency」の寄稿者に付与するMOONSト…

ChainalysisがPrivacy CoinであるDash, Zcashをサポート

Chainalysisは、最も人気のあるprivacy coinsであるDashとZcashの2つのサポートを開始しました。 Privacy coinsとは、ユーザーがブロックチェーン取引を行う際に完全な匿名性を得ることができるプライバシー強化機能を備えた暗号通貨のことです。 Privacy co…

仮想通貨の資金洗浄対策トラベルルールに対応の通信規格

暗号資産の「トラベルルール」への取り組みが本格化しています。 トラベルルールとは、金融活動作業部会(FATF/ファトフ)が定めた、取引の送り側、受け取り側の個人情報を相互に記録してマネーロンダリングなどの金融犯罪を防ぐための規定です。 暗号資産に…

どのようにしてブロックチェーンは労働市場の問題を解決するのか

ブロックチェーン技術が生活のあらゆる面に浸透し続ける中、ブロックチェーン技術が統合される領域を探るために、さまざまなユースケース調査が行われています。 ブロックチェーン技術は現在、社会活動のハブとして機能しており、金融取引の改善に役立ってい…

Wasabi ウォレット

Bitcoinとaltcoinが経験した規制上の難しさは、その暗号化された性質のために規制当局の懐疑心の中にあります。プライバシーが合言葉のため、取引は一般的に不明瞭になっています。 これは、ダークウェブ取引で通貨が使用される可能性が高いために懸念材料と…

アフリカの電気料金支払いは仮想通貨決済に

アフリカで、銀行口座を持たない人も電子決済で電気料金の支払いができるようになります。 ブロックチェーン企業Electroneumのアプリへの機能追加で、ユーザーは仮想通貨Electroneum(ETN)で電気料金を支払えるようになります。 対象は、ナイジェリア、セネ…

秘密保持契約よりも効果的な情報漏洩への対策

リモートワークの問題点の解消についてでも簡単に触れましたが、ブロックチェーンは情報漏洩防止にも役立ちます。 国内翻訳最大手の翻訳センターは、全ての翻訳事業をフリーランスの翻訳家に業務委託しています。 秘密保持契約(NDA)が結ばれ、作業終了後に…

2020年ビットコインの価格は20,000$を超えて変動する

ブルームバーグは先日のレポートで、2020年のビットコインの価格は昨年の高値14,000ドルの2倍に達する可能性があると予測した。 さらに、採用がビットコインの主要な指標であること、ブルームバーグがこの点について肯定的な見解を示していることを示唆して…

ブロックチェーンはどのようにして動くのか

もしあなたがここ最近の10年ほど銀行業や投資、暗号通貨に触れてきたなら、ビットコインネットワークの背後にある記録保持技術「ブロックチェーン」をご存知の方も多いかもしれません。 しかし「ブロックチェーン」がどのように動いているのかを知る人は少…

ブロックチェーンを描いた映画やドラマがないのはなぜ?

「人工知能(AI)はイメージしやすいがつくることは難しい。 ブロックチェーンはつくることは意外と簡単だが、イメージがしにくい」 人工知能(AI)やロボットが登場する映画やアニメはいくらでもありますが、ブロックチェーンが登場する作品は、なかなかあ…

ブロックチェーン技術の可能性 2020

現在、ブロックチェーン技術はビットコインなどの仮想通貨の成功により注目を集めている。 この分散型デジタル台帳は、安全で不変、そして透明性のある方法で記録や2者間のお金のやり取りを保持できる特徴を持っている。 近年、ブロックチェーンスタートア…

アメリカ運輸省がドローン業界を躍進させる技術を報告

無人航空機(ドローン)は、自律飛行や遠隔操作への信頼性が重要です。 米国運輸省が、ブロックチェーン技術が無人航空機システム(UAS)業界に躍進をもたらすという報告書を発表しました。 信頼性を高める手段の1つとして、ブロックチェーンのフライトレコ…

中国で民法典が成立し、仮想通貨が財産に

中国の全国人民代表大会(全人代)で、インターネット上の財産と暗号資産が相続対象として認められました。 中国で相続財産法が成立したのは1985年で、不動産や文化遺物、著作権などを保護してきましたが、時代に追い付いていない点が多くあり、新たな法律が…

化粧品の信頼の証はブロックチェーンにある

食品のトレーサビリティを確保するためにブロックチェーンを導入する企業が多い中、グローバル企業Seqensでは、化粧品が世界基準を満たしていることを証明するために取り入れています。 Seqensのプラットフォーム「ACT4s」には、製造プロセス全ての過程で品…

Zoomでのオンライン授業を仮想通貨決済で

家庭教師、精神科医、ヨガなど、Zoom(ズーム)を使って様々なセッションが提供されるようになりました。 オンラインビジネスへの移行のハードルとなっているのが決済手段です。 PayPalや銀行振込による支払いを業者が個別に請求する必要があるため、決済に…

リブラが仮想通貨から決済システムに方針転換、勝算は?

Facebook(フェイスブック)は2019年に複数通貨に連動するグローバルステーブルコイン「リブラ(Libra)」の構想を発表しましたが、マネーロンダリング対策や金融政策への影響の面で各国の金融当局から厳しい批判を受けることになりました。 そこで2020年4月…

中国の裁判所がビットコインは法的な保護対象外だと判断

中国福建省の裁判所が、暗号資産は仮想商品であるため法的な保護対象ではないとの判断を下しました。 投資スキームが謳う高い利益が得られず投資資金も返済されないという原告側の主張に対して、ビットコイン(BTC)は仮想商品であるため現行法の保護対象に…

ランボルギーニ車のコレクションをブロックチェーンで

イタリアの高級車メーカー「ランボルギーニ」が、ブロックチェーンを利用したデジタル切手を発表しました。 デジタル切手は歴代のスーパーカーを特集したもので、第1弾は今年公開されたばかりの「ウラカンEVO RWDスパイダー」です。 ブロックチェーンを利用…

インフラ不足や規制があっても仮想通貨を求めるアフリカ

6,500,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000%。 これは、アフリカのジンバブエ共和国の法定通貨だったジンバブエドル(ZWL)の2009年の年間イン…

アメリカの給付金配布にブロックチェーン活用の意見書

アメリカで下院議員らが、新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)対策の経済支援策にブロックチェーンや分散台帳技術の利用促進を求める意見書を財務省に提出しました。 技術活用によって、資金の透明性を高めるとともに迅速な移動を可能にすると訴えて…

人気上昇中のブラウザBraveが仮想通貨の取引に対応

オープンソースブラウザ「Brave」が、仮想通貨の取引機能を有するウィジェットに対応しました。 仮想通貨取引所バイナンス(Binance)と連携し、バイナンスウィジェットを通して資金残高の閲覧や取引が可能になりました。 対応する銘柄は、Brave上で使用され…

GMOが日本円ステーブルコインでの決済を6月開始予定

GMOインターネットグループは、ステーブルコインGYEN(GMO Japanese YEN)の認可が5月に下りる予定であることを発表しました。 GYENは、日本円に価格を連動させる設計となっています。 認可を得られれば、6月にもローンチを目指します。 土台となるブロック…

40年変わらない銀行間送金手数料の是正を公取委が要求

銀行振り込みを行うと、振込手数料を取られますよね。 この金額に含まれている銀行間の送金手数料は、40年以上も変わっていません。 銀行間の送金のほとんどは、「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」を経由しています。 手数料は各行が協議して決…

IoTで駐車場選びも支払いも自動車任せ

ブロックチェーンとIoTを組み合わせることで、手間が自動化されて、その分だけ利用者の日常生活が豊かになります。 ドイツにある自動車部品と電動工具メーカーのボッシュ(BOSCH)は、ブロックチェーン技術を用いた充電ステーションや駐車場管理システムの開…

ブロックチェーンちゃんがクラウドファンディング実施中

合言葉は、「サイバー攻撃なんて怖くない!」 サイバーセキュリティ技術の啓蒙活動を日本で行っているチーム・ファイアーウォールが、新たなユニット「ザ・エンクリプション」を発表し、資金調達のためにクラウドファンディングを行っています。 チーム・フ…

人工衛星でインターネットを使わずビットコインを取引

世界中のほぼすべての場所にいる人が、インターネットがなくてもビットコイン(BTC)のネットワークにアクセス可能? カナダのブロックチェーン開発企業Blockstream(ブロックストリーム)は、人工衛星を使ってビットコイン(BTC)のトランザクションを共有…

仮想通貨とは?証券とは?米国で区別するための法案提出

アメリカのカリフォルニア州で、仮想通貨と証券を区別する方法を記した法案が提出されました。 現在、アメリカではどのような場合に仮想通貨が証券に値するのか明確な基準がありません。 既存の法律で証券(security)は、中期証券(note)、株式、投資契約…

都市封鎖の電力余りでマイニングをウクライナ政府が提案

新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)によって経済活動が停滞すれば、その分だけ電力需要も減少します。 余った電力を貯めておくことができればいいのですが、そう単純にはいきません。 現在の蓄電池ではコストが割に合わず、備蓄量も限られるためで…

大手多国籍企業は続々と中国でブロックチェーン特許申請

中国ではブロックチェーンの特許申請が盛んに行われており、2017〜2019年の間に約2千件が中国国家知的財産局に承認されています。 中国国内からだけではなく、国外の企業も多数のブロックチェーン特許を出願しています。 2020年3月までに、マスターカードの4…